農家さんをサポート

生産の原点である「農家さん」がよりものづくりに
取り組みやすく出来るように『農業の雇用拡張および、雇用促進』
高齢化が進む農家さんの支援やサポートとして
「絆プロジェクト」の取り組みを行っています

農家さんの平均年齢の高齢化

現在、淡路島でたまねぎ作りを営んでいる
農家さんの高齢化が進み農業就労者の年齢水準が高くなり問題が
深刻化
しているのが現状です。 1995年の時点では平均年齢も60.2歳となっていた統計が2015年では68.9歳20年で9歳近く平均年齢が上がり高齢化が進んできているので、将来に向けての農業への取り組み方が重要視されています。

作付面積と生産量の減少化

農家さんの高齢化の影響も伴って、淡路島や全国的にも作付面積と耕地利用率も年々減少し深刻な問題となっています。
淡路島全体でも平成5年度のたまねぎの生産量が140,000㌧あったのが、平成26年には80,000㌧にまで落ち込み、生産量が43%減といった問題が深刻化となってきています。 この問題は淡路島だけでなく各都道府県の生産農家さんにも同じことが言え、日本全体にも深刻な問題として取り上げられています。

今後の課題として

淡路島において、将来的にも「若い後継者」や、これから農業を始めたい「農業企業者の育成」など、農業を営む若い人たちをサポートなどを行いながら、増やしていく努力が必要となっています。
また、農業に対して興味を持ってもらったり、この淡路島から情報を発信していくことも大切だと認識しています。

絆たまねぎの繋がりと
農業を営む人を増やすために

私たちは、たまねぎをはじめとし作物の需要拡大と
農業企業者や農業従事者の増加に日々取り組んでいます。

三田青果「絆たまねぎの繋がり」

淡路島のたまねぎを守り、これからの第一次産業を支援します。
「絆プロジェクト」の取組みとしては、
絆たまねぎの売上一部を寄付し、
農家さんやこれから農業を始める
事業主さんの支援・サポート
を行っていきます。

絆たまねぎ|地元新聞記事に掲載

【平成28年】
売上の一部を「絆たまねぎプロジェクト」としてを南あわじ市に寄付。
69,250円が「ベト病対策」に使われました。

【平成29年】
児童養護施設淡路学園に自転車5台寄付させて頂きました。

  • 企 業 名 称 :有限会社 三田青果
  • 代表取締役:青山 巽哉
  • 企業所在地:〒656-0426 兵庫県南あわじ市榎列大榎列337-1
  • 創業年月日:昭和40年4月1日
  • 創立年月日:平成5年1月5日
  • 資 本 金:3,000,000円
  • 事 業 内 容 :農作物の生産・卸売・加工・販売  農業者の研修および経営コンサルティング

居酒屋 大介
礒乃家 北新地
Ocean Terrace
お冨
割烹 はたの
餃子酒房 丈夫
コバチカリー

北新地 緒乃

ステーキハウス genpei
NARISAWA
ニジゲンノモリ
のじまスコーラ
道の駅 あわじ
もへいじ

【あいうえお順】

絆玉ねぎはWebショップでお求め頂けます